tenisu

 
みなさんは、テニス肘という名前の怪我をご存知ですか?自分はテニスをしたことがないから関係ない!なんて思っていませんか?
 

実はこのテニス肘という怪我は、テニスをしていてもしていなくても、誰にでも起こり得る怪我なのです。
 

関節痛に効く薬サプリメント

 

テニスをしていないのに起こってしまう怪我、テニス肘っていったいどんなもの?

テニス肘は正式名称を「上腕骨外側上顆炎」と言います。漢字がたくさん並んでいて難しいですが「じょうわんこつかいそくじょうかえん」と読みます。
 

上腕骨外側顆上というのは、肘の外側の骨あたりのことを言います。このあたりに痛みが生じることを、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)と言うのです。
 

テニス肘と呼ばれていますが最初にもお話していた通り、テニスをしていなければこの怪我が起こらないのかというと、そうではありません。
 

テニスをしている人に多い怪我なのでテニス肘と呼ばれていますが、全くテニスをしていなくても痛みが出てしまうこともあります。
 

例えば肘や手首をたくさん使う、長年使っているなどの方は症状が出やすくなります。パソコンを使ったり字を書いたりすることが多い人なんかは特に多いですね。
 

なぜ手首を使うと肘が痛くなるのかというと、皆さんもご周知のとおり手首と肘の筋肉はつながっています。手首を使うと一番負担が大きくなるのが肘なのです。
 

そのため手首を使い過ぎると、肘のあたりに痛みが生じてしまいます。

テニス肘の症状

テニス肘の主な症状としては、先ほども述べたように肘の外側から前腕の範囲の痛みです。基本的には常に痛みがあるわけではなく、物を持ち上げる時やタオルを絞る時に痛みを感じます。
 

軽度の場合はその瞬間だけですが、重症度が増すたびに痛みを感じる時間が長くなります。テニス肘の場合、手首や肘など腕を動かさない限りは痛みを感じることはほとんどありません。

テニス肘の判断方法

肘の痛みにはたくさんの原因や症状があります。その中からテニス肘と判断するには、どのような方法があるのでしょうか。
 

それにはいくつかの方法があります。まず一人で行える方法です。
 

chairテスト

家にある椅子を使います。あまり重すぎないものを使いましょう。重すぎるものを使うと、肘の痛みが悪化してしまう可能性があります。
 

行い方は簡単で、立ったまま行います。そして肘を伸ばしたまま横に置いた椅子を持ち上げます。その時に肘の外側から前腕に痛みを感じると、テニス肘ということになります。
 

そして二人で行う方法です。こちらは2つの方法があります。
 

thomsenテスト

まず腕をピンと伸ばします。肘と手首もしっかりと伸ばしておきます。そしてもう相手の人に手首を持ってもらい、下に曲げるようにゆっくりと押してもらいます。
 

この時に、患者側は抵抗するように上へ手首を曲げるようにします。これで痛みを感じるようであれば、テニス肘ということになります。
 

中指伸展テスト

もう一つの方法は、先ほどのthomsenテストとよく似ています。Thomsenテストと同じように腕をしっかりと伸ばします。そして今度は手首ではなく、中指をゆっくりと下に押してもらいます。
 

患者側は反対に上へ押し返すようにします。その時に痛みを感じるようであれば、テニス肘ということになります。

おわりに

一口に肘の痛みと言っても様々な症状があります。その中のひとつが今回ご紹介した「テニス肘」という症状です。
 

テニス肘は痛みを感じるのが、その瞬間だけなので初めのうちは放っておく人も多いようです。
 

しかし放っておけばおくほど症状は悪化してしまいますので、痛みを感じたり少しでもおかしいなと感じたりしたら、なるべく早く受診することをおススメします。
 

また今回ご紹介した「テニス肘の判断方法」はあくまでも家で簡単に行えるテストです。
 

これで痛みが出たから絶対にテニス肘だというわけではありませんし、反対に痛みが出なかったから絶対にテニス肘ではないというわけでもありません。
 

この方法だけで判断するのではなく、必ず医師を受診しましょう。
 

関節痛に効く薬サプリメント