肉離れ症状

 
急に動いた時に、ブチッという音とともに激痛が走る肉離れ。できれば経験したくはありませんが、いつどこで誰に起こるかわかりません。
 

もし起こってしまったら、なるべく早く治したいですよね。でも実際にはどのような治し方があるのか、ご存知の方は少ないのではないでしょうか。
 

治し方がわからなければ、どうにもこうにもできません。では肉離れを治すのには、どのような方法があるのでしょうか。
 

肉離れが起こってしまったら・・・

肉離れが起こってしまったら、まずはRICE療法というものを行います。「あ、肉離れかも・・・」と感じたら、すぐにしっかりと行いましょう。
 

RICE療法というのは
 

Rest(安静にする)
Ice(冷却する)
Compression(圧迫する)
Elevation(拳上する)

 

これらの頭文字をとったものがRICE療法というものです。
 

Rest(安静にする)

肉離れを早く治すのに最も重要なのがこれです。痛みを感じる部分はなるべく動かさないようにし、できるだけ安静にしておきましょう。
 

痛みが軽いからと言って動かしてしまうと、痛みが増したり肉離れが悪化してしまったりします。
 

Ice(冷却する)

肉離れを起こした部分は、痛みはもちろん場合によっては内出血を起こしてしまうこともあります。
 

その内出血を広がらないようにするために冷やします。冷やす期間としては3日間が目安とされています。
 

それ以上冷やしてしまうと、冷やし過ぎになりかえってよくありません。その後は、後述しますが温めることが必要になります。
 

Compression(圧迫する)

バンテージやサポーター、テーピングなどを使って固定していきます。断裂してしまった筋肉を元の位置に戻すために行います。
 

しっかりと固定していきますが、長時間圧迫し続けるとうっ血してしまう恐れがあるので、定期的に緩めるようにしましょう。
 

Elevation(拳上する)

こちらは肉離れを起こした部分を心臓より高く上げるという方法です。
 

そうすることによって患部に血がたくさん回らなくなるので、内出血の広がりを食い止めることができます。
 

これらを行うことをRICE療法といいます。肉離れを起こしたら、このRICE療法をしっかりと行いましょう。
 

冷やすばっかりではダメ?温めることも大事です

肉離れを起こした部分をまずは冷やさなければいけませんが、痛みが引いてきたら冷やすのをやめましょう。
 

冷やし続けると血の巡りが悪くなったり筋肉がこわばったりして治りが遅くなってしまいます。
 

次は適度に温めることが必要になってきます。温めることで血行が良くなり、自然治癒力が高まるので治りが早くなります。
 

そこでおススメなのが「交代浴」です。これはお風呂で行う方法です。肉離れを起こした場合、基本的には痛みが取れるまで入浴は控えた方が良いとされています。
 

しかし痛みが取れたら入浴OK!そこでお風呂の中で行いたいのが、交代浴です。
 

交代浴は、3分間患部を温める(湯船につかる)→1分間冷水で冷やす(シャワーなどで冷やす)を数回繰り返します。
 

これにより血行が良くなり自然治癒力が高まるのと、筋肉が程よく緩まるので治りが早くなりますよ。
 

次はストレッチに挑戦しよう!

患部の痛みが取れてきたら、次は軽いストレッチを行ってみましょう。痛みを伴う場合はすぐに中止してください。
 

患部に負担をかけずにゆっくり行うのが理想的です。ストレッチを行うことで
 

  • 柔軟性が維持できる
  • 自然治癒力が高まる

 

などの効果が期待できます。何度も言いますが、患部や患部付近に痛みを感じるときは、すぐにストレッチを注視してくださいね。
 

おわりに

基本的に肉離れは自然に治るのを待つしかありません。その間、安静にしておくことが一番の治療法だと言われるくらいです。
 

今回ご紹介した方法は、あくまでも自然治癒力を高めるための方法です。行う場合は自己判断せず、かかりつけの医師に相談しながら進めていってくださいね。