坐骨神経痛治し方

 
坐骨神経は腰から足先までのびている人体で一番長く太い神経です。しかも皮膚に近いところにあるので圧迫を受けやすく、それが原因で坐骨神経痛になる人が多くいます。
 

痛みや痺れを感じても、すぐに病院に行ける人は少ないですよね。行けないのならせめて、自宅で、自分の手で痛みを緩和出来たらいいと思いませんか。
 

我慢するより、とりあえずやってみましょう。自分できる改善策をお伝えします。

坐骨神経痛とは

腰から足先まで、下半身に出る痛みや痺れなどの症状を総称して、坐骨神経痛と呼んでいます。原因は人それぞれですが、
 

  • 体重の増加(肥満)
  • 運動不足
  • 長時間のデスクワーク
  • 加齢による筋力低下
  • 姿勢の悪さ
  • 体温の低下(冷え)
  • ストレスなどの心的要因

 

これらが単独、あるいは複合して起こります。ダンスやスポーツを頑張る人も、坐骨神経に過度に力が加わり、神経痛に悩まされる人が多いようです。ある意味生活習慣病ともいえるでしょう。
 

という事は、坐骨神経痛は生活の見直しで、症状も改善されるということなんです。

ストレッチによる坐骨神経痛の治し方

自宅で出来て、一番効果的なのはストレッチです。注意して欲しいのは、無理をしないことと、続けることです。過度なストレッチは逆効果で症状を悪化させます。
 

また、頑張り過ぎると疲れてしまい、続けることが出来ません。ストレスも坐骨神経痛の原因になります。ここでは本当に簡単なストレッチをご紹介。誰でもすぐにできますよ。

イスを使ってストレッチ

足を組む

あなたは座った時、よく足を組みますか?同じ足を組み続けると骨盤が歪み、坐骨神経痛の原因となります。坐骨神経痛は片側に症状がでることが多いのも特徴です。
 

イスに浅く腰掛け、左右のくるぶしを付け合わせて下さい。膝を真上から見ると、どちらか短くなっていませんか。両足の長さが揃っていないのは、骨盤が歪んでいる証拠です。
 

その時は短い方の足を上にして、足を組むようにして下さい。骨盤の矯正になります。
 

体を揺らす

足を組んだ状態で手は膝の上に置き、体を左右に揺らします。筋肉の緩和と骨盤、背骨の矯正になります。
 

頭を股の間に入れる

イスに浅く腰掛けたまま、両足を少し開きます。背筋を伸ばして、息を吐きながらゆっくりと、頭を両足の間に入れるように上半身を曲げます。
 

もちろん曲がるところまででOK。ゆっくりと上半身を起こします。腰と背中の筋肉を伸ばし、筋力を鍛えます。
 

上半身を反らせる

イスに深く腰掛けます。背筋を伸ばし、息を吸いながら上半身を後ろに反らせます。出来るところまででOK。3秒息を止めて静止、その後息を吐きながら元の姿勢に戻します。
 

上半身前面と腰、背中の筋肉をほぐします。
 

膝をかかえる

イスに深く腰掛けたまま、左ひざを両手で抱え、胸まで引き寄せます。もちろん出来るところまでです。3秒静止して膝を戻します。右足も同様に行います。
 

腰と太ももの裏の筋肉をほぐします。

壁を使ってストレッチ

壁に背中をつける

壁に背中をピッタリとつけて、まっすぐに立ちます。これだけで、背中の筋力を使い、背骨の矯正になります。
 

膝を曲げる

壁に背中をつけた状態で、膝を曲げながら腰を落とします。出来る人は膝を90℃まで曲げて下さい。無理な人は出来る範囲でOK。
 

腕を伸ばす

壁に背中をつけ、膝を曲げた状態で、今度は両腕を水平に上げます。(腕も壁に付いた状態です)より一層背中の筋力を使い、同時にほぐします。
 

本当は意識するだけで、日常の動きすべてがストレッチになるんですよね。背筋を伸ばして歩く、座る、これも立派なストレッチです。
 

また荷物を持つ時も、いつも決まった方の腕ではなく、均等に両腕交互に持つようにするといいでしょう。
 

物を持ち上げる時は、腰を落として持ち上げると、腰痛を防げます。一部の筋肉に負担がかかり過ぎないように気を付けることも大切です。

坐骨神経痛の治し方に「温める」がある

筋力低下には、もう一つ大きな要因があります。それは「冷え」です。冷え性の人は血行が悪く、血行が悪いと、酸素や栄養が筋肉に行き届かず硬くなります。それが坐骨神経痛の要因となるのです。
 

では、冷え性改善はどうしたらいいのでしょうか。
 

  • クーラーなど冷房を使い過ぎないのはもちろんですが、冷たい飲み物や食べ物を控え、温かい食べ物で内側から身体を温めます。
  • シャワーよりも湯船にゆっくり浸かるようにします。
  • 適度な運動で、新陳代謝を上げます。
  • しっかり食べて、食べ物を燃焼させることで体温は上がります。

坐骨神経痛の治し方に「医薬品」がある

血行をよくするには、医薬品も効果があります。サプリメントとは違い、効果・効能が科学的に実証されている医薬品は、市販や通販で気軽に買うことが出来ます。
 

『まだ病院へ行くほどではない』そんな時には、手軽に試せる医薬品が良いかもしれません。坐骨神経痛に効果が有るものは、必ず血行をよくする成分が入っています。
 

薬剤師さんに相談するといいですね。

まとめ

頑張り屋さんに坐骨神経痛の人が多いんですよね。『痛くなるまでよく頑張ったね~』と、優しくさすったり、ストレッチして筋肉をほぐしてあげましょう。
 

頑張ることも必要ですが、頑張り過ぎないのも大切です。腰から下が弱ると健康で長生きはできません。身体の悲鳴はしっかり受け止めて、優しくいたわってあげましょう。