坐骨神経痛妊婦

妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて、腰やお尻などの痛みが強くなってくることがあります。妊婦さん特有の坐骨神経痛ですね。
 

けれど、仕方がないと放っておくと、分娩時にいきむことができずに、帝王切開になる可能性があります。安心安全な分娩を行うためにも、坐骨神経痛に向き合い、対処していきましょう。

坐骨神経痛に悩む妊婦さんが多い理由

妊婦さんの多くは、体重が増加するほどに腰痛になり、同時にお尻や足にも痛みが出ることも多くあります。その痛みを総称して「坐骨神経痛」と呼びます。
 

妊婦さんが坐骨神経痛になる理由が二つあります。
 

  • 卵巣ホルモン「リラキシン」による影響(妊娠初期~)
  • 胎児の成長による体への負担(妊娠中期~)

 

この二つについて、詳しく説明します。

安全な出産のために分泌される「リラキシン」

妊娠3か月あたりから「リラキシン」という卵巣ホルモンが、赤ちゃんの成長に合わせて分泌され続けます。リラキシンには恥骨結合部分(産道)を広げる働きがあります。
 

これにより、10㎝ほどある胎児の頭が産道をうまく通り抜け、生まれてくることが出来るのです。
 

この他にも胎児が生まれやすいように、靭帯を緩める働きもあります。靭帯は骨格をつなぎ、関節の運動を円滑にしたり制御したりする役目があります。
 

リラキシンは骨盤周りの靭帯だけでなく、身体中にある靭帯を緩めます。そのため筋肉や関節の支える負担が大きくなり、肩こりや腰痛を引き起こしやすくします。

妊婦さんがかかりやすい疾患

胎児の成長と共に、大きくなるお腹。重心のバランスをとるために、どうしても母体は後ろに反り返る姿勢になります。腰椎や骨盤の関節にかかる負担は大きくなる一方です。
 

運動も出来ないので、筋力も低下しています。そのため妊婦さんは
 

  • 脊柱管狭窄症
  • 筋性腰痛
  • 腰椎すべり症
  • 変形性腰椎症

 

などを起こしやすくなります。

産後も要注意の坐骨神経痛

では出産してしまえば、坐骨神経痛からサヨナラできるのでしょうか。残念ながら治る人もいれば、治らない人もいます。
 

もともと坐骨神経痛を持っていた人は仕方ありませんが、そうでない人が治らない理由は二つ。
 

  • 妊娠中に筋力が落ちた
  • 骨盤が開いた状態で、元の状態に戻らない(締まっていない)

 

骨盤がもとに戻らないと「お腹のたるみが戻らない」「太ももやお尻に余分なお肉がつく」など美容的にもショックなことが起こります。その他にも
 

  • 股関節やお尻が痛む
  • 起床時に骨盤周囲が重くてだるい
  • 立っていてもふらつきがある
  • 寝返りすると鋭い痛みが走る
  • 歩くのが困難になる

 

このような症状がある場合は、医師にご相談してください。自分で骨盤を締めようと、無理な締めつけをすると悪化してしまいます。正しく引き締めて、後遺症が残らないようにする事が大切です。

坐骨神経痛のお薬は妊婦さんが飲んでも大丈夫?

坐骨神経痛に効く成分に「グルコサミン」や「コンドロイチン」があります。本来この二つは人の体に存在している物質ですが、年齢とともに減少していきます。
 

医薬品やサプリメントで購入できるので、服用する人も多いのですが、妊娠中は飲んでも大丈夫なのでしょうか。
 

どちらも害になるという報告はありません。ただ、絶対安心という確証もないので、妊娠中は『飲まない方がいい』と言われています。
 

もう一つの理由としては、グルコサミンは糖尿病がある人が服用すると、血糖値が上がる可能性があります。
 

糖尿病ではない妊婦さんでも、妊娠中は高脂血症や高血圧などの症状が出たり、妊娠糖尿病になることがあります。万が一を考えて飲まない方が安心です。
 

コンドロイチンも、医薬品やサプリメントで売られる時は、コンドロイチンの他にも色々な物質が配合されています。身体に合わない成分があるかもしれないので、安全のため摂取は控えましょう。

坐骨神経痛対策で妊婦生活を乗り切ろう

  • 妊婦さんは激しい体操はできませんが、筋力を維持する程度のストレッチやマッサージは行った方がいいでしょう。大幅な体重増加は妊娠中毒を招き、さらに坐骨神経痛を悪化させるからです。ただし、お腹が張るようならすぐに止めましょう。

 

  • また、エッセンシャルオイルを使ってのマッサージは、稀に早産を誘発することがありますので、使用は控えましょう。

 

  • 痛みがあるところは、温めましょう。冷やすと痛みが強くなります。また、温シップを使う人もいますが、妊婦さんは「インドメタシン」配合など強めの薬が使われているものは、使用を控えましょう。妊娠7ヶ月目になる頃が、骨盤はもっとも広がりやすくなり、坐骨神経への圧迫が強くなります。
     
    おすすめなのが「妊婦さん専用コルセット」です。必要以上の骨盤の広がりを防いでくれます。また、姿勢を安定させてくれるので、症状が和らぎます。サラシや腹帯を利用しても良いでしょう。

まとめ

現代の女性は体つきも細くなり、筋力も落ちているので、昔と比べて坐骨神経痛に悩まされる人が増えています。
 

産後は赤ちゃんの世話で、自分の身体を心配する余裕がなくなるので、妊娠中にできるだけ坐骨神経痛を和らげ、産後に影響が出ないよう体調を調えておきましょう。