ロスミンS

 
慢性的な肩こりや腰痛、手足のしびれはなぜ起こるのでしょうか。それは硬くなった筋肉が末梢神経を圧迫して傷つけているからかもしれません。
 

そんな末梢神経のキズによる痛みには、ロスミンSが効きます。実は大手企業のエーザイが出しているナボリンSと同じ成分と配合量なので効果はお墨付きです。
 

ジェネリック的立場なので低価格で買えるのが嬉しいですね。
 

関節痛に効く薬サプリメント

 

ロスミンSの悪い口コミと良い口コミ

ロスミンSの悪い口コミ

batu
  • ジェネリック的立場なら、もう少し安くしてもいいのではないでしょうか。
  • 同じ成分で、もう少し安い商品(ヘルビタS)がありました。製造元が同じで成分も同じなので、安い方を買いました。
  • 副作用はあまり無いと思っていましたが、アレルギー症状が出てしまい、すぐに飲むのを止めました。
  • つらい関節痛に効けばと飲み始めましたが、症状はまったく良くなりませんでした。
  • 慢性的な肩こりが楽になったと思った頃、やたらと口内炎ができてきました。因果関係はわかりませんが、副作用の可能性もあると聞いて、しばらく飲むのを控えています。

ロスミンSの良い口コミ

maru
  • エーザイから出ているナボリンSを飲んでいたのですが、同じ成分で少し安いこちらの製品に切り替えました。効果に変わりないようで安心しました。
  • ネットで買えるので便利です。価格が色々あるので少しでもお得なものを探しています。
  • ナボリンSを飲んでいたのですが、頻繁に飲むなら安い方が良いと会社の人にこちらの商品を勧められました。お試しサイズがあったのでまずはこれを飲んでみます。
  • 長時間のデスク作業になりそうな日は、飲んでいます。腰痛や肩こりになりにくいと感じています。
  • 1日パソコンに向かっていることが多く、帰りにはいつも目がショボショボしていました。ロスミンSでかなり眼の疲労が改善されています。
  • 飲み始めてまだ1月経ちませんが、手足のしびれが良くなってきました。

ロスミンSの口コミからわかること

ロスミンSの良い声 ロスミンSの悪い声
他社の製品と成分が同じで効果も変わらず、価格が安い ジェネリック的なものにしては高い
ネットで購入すると安く買える 同じ成分でもう少し安い商品がある
お試しサイズがあるので安心 アレルギー症状が出た
長時間のデスク作業でも肩こりや腰痛になりにくい 2瓶飲んだが効果無し
眼精疲労に効果がある 辛い関節痛には効果が無かった
1か月で手足のしびれが改善 口内炎ができた

 

  • 大手企業のエーザイが販売している「ナボリンS」と同じ成分なので、ジェネリックのような感覚でロスミンSを購入する人も多いようです。同じ成分ならお得な方が良いですよね。(添加物に多少違いがあります)
  • ロスミンSを製造している会社は「米田薬品株式会社」と言って、エーザイのように大手ではありませんが、今年で創業69年を迎える結構老舗の会社です。実は『同じ成分でもう少し安い商品(ヘルビタS)がある』という口コミがありましたが、これも同じ米田薬品が製造しています。購入する時は価格で検討されても良いですね。
  • 楽天やAmazonなど通販でも購入できます。それぞれで価格が違いますので、色々比較してみるといいですね。
  • ロスミンSには21錠入りのお試しサイズがあります。
  • お薬なので、副作用があります。主に湿疹やかゆみ、吐気や嘔吐、食欲不振や胃部不快感、口内炎、めまいなどです。また、下痢や便秘がひどい場合もお薬の影響かもしれませんので、服用を控えてみて下さい。
  • 1回1錠、1日3回まで服用できます。女性の場合、生理が予定より遅れたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は早急に医師や薬剤師にご相談下さい。

ロスミンSの配合成分から期待できる効果

コンドロイチン効果

メコバラミン(活性型ビタミンB12)

末梢神経障害、糖尿病性神経障害などの治療に使用されます。
 

手足のしびれや神経痛などは、末梢神経の異常によって引き起こされる症状ですが、メコバラミンは傷ついた神経の修復や痛みの緩和に作用します。

葉 酸

脳の栄養とも言われる葉酸は水溶性ビタミンB群の一種です。葉酸は主に血液との関係が深く、不足すると口内炎や貧血の原因になります。
 

妊婦さんが葉酸不足になると、胎児の神経障害の原因になるなど、重要な栄養素の一つです。

フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)

ビタミンB1は健康維持に欠かせない栄養素ですが、実際は食事で取り入れても壊れやすかったリ、体内に入っても吸収されにくいという欠点があります。
 

このフルスルチアミンはその欠点を改善してつくられた成分です。体内での吸収がよく、筋肉や神経組織の働きを良くします。

ピリドキシン(ビタミンB6)

ピリドキシンとはビタミンB6の別名で、100種類の酵素の働きを助ける役割があります。欠乏すると、口内炎や結膜炎など皮膚と粘膜にトラブルが起きやすくなります。
 

他にも、神経に異常が出て、末梢神経障害、けいれん、手足のしびれ、中枢神経の異常が起こることもあります。

酢酸d-a-トコフェロール(天然型ビタミンE)

ビタミンEは抗酸化作用に優れています。例えば脂肪酸が酸化すると過酸化脂質となり、血行障害や動脈硬化を招きます。
 

皮膚の酸化が進むとシミやシワの原因にもなります。また、造血や精神の安定にも重要な役割を果たします。天然型というのは、天然ではありませんが、合成のビタミンEより2倍の効果を発揮します。
 

メコバラミンと葉酸が傷ついた抹消神経を修復し、その他のフルスルチアミンや天然型ビタミンE、ビタミンB6が筋肉のコリの原因となる疲労物質を防いでくれます。

まとめ

ロスミンSの主成分であるメコバラミンは、効果がでるまで時間がかかります。
 

効きだすと症状がきちんと緩和されるので、最初は変化を感じないかもしれませんが、あきらめずに3か月は続けてみましょう。
 

ジェネリック的立場なので経済的にも安心です。またネットだとたくさん買うほどにお得なようです。
 

関節痛に効く薬サプリメント