リョウシンJV錠

 
「リョウシン」とは「両親」のことです。富山常備薬グループが販売するリョウシンJV錠は、『両親世代の方々にいつまでもお元気で、健康に毎日を過ごしていただきたい』という願いを込めて作られたお薬なのです。
 

お客様の声に応え、価格、飲みやすさ、安心安全、効果効能を追い求めて「良心」的に作られました。神経痛や関節痛にどこまで効果があるのか、口コミの検証と共にお伝えします。
 

 

リョウシンJV錠の悪い口コミと良い口コミ

リョウシンJV錠の悪い口コミ

batu
  • 膝の痛みが減ればと飲んでいますが、実感できるほどの効果はありませんでした。
  • 神経痛が辛い時、友人に勧められて4か月飲んでみたのですが、効果が無くがっかりしました。
  • 痛みが軽くなればと飲んでいますが、少し量が少ない気がします。
  • 通販サイトやドラッグストアでも買えればいいのに。
  • グルコサミンやコンドロイチンが入ってないので本当に効くのか不安です。
  • 販売会社の富山常備薬グループは製薬会社ではないのに、医薬品を売って大丈夫なの?
  • お薬という事なので、副作用が心配。

リョウシンJV錠の良い口コミ

maru
  • 散歩が好きだったのですが、長距離歩くと膝が痛むようになり、あきらめていました。リュウシンJV錠を飲み始めると痛みが減って、また長距離の散歩もできるようになりました。
  • 忙しい日々、一日一回都合のいいタイミングで飲めるので、続けることが出来ています。
  • 朝起きた時、腰の痛みが減っていることに気が付きました。以前は、寒い朝など特に腰の痛みがひどかったので、ありがたいです。
  • 階段の上り下りの時に出ていた膝の痛みが、出なくなりました。
  • 寝返りがうてないほど腰が痛かったのですが、飲み始めて3か月ほどで随分痛みが無くなりました。
  • 若い頃痛めた肩が歳をとってから、また痛むようになりました。リュウシンJV錠を飲み始めて三か月、痛みが和らぎました。
  • 赤ちゃんを抱っこしていて、腰痛になりました。主人が購入したので飲んでみると、痛みがずいぶん楽になりました。
  • 飲み始めて1か月目で腰痛が軽くなり、三か月目で腱鞘炎も和らぎました。
  • 立ち仕事で膝や腰が日々悪化していたのですが、飲み始めて以来悪化を抑えてくれていると実感しています。
  • 毎年寒くなると、神経痛の痛みでイライラしていたのですが、気が付くと痛みもイライラも無くなっていました。
  • 1日1回というのも嬉しいですが、錠剤の形もとても飲みやすいです。

 
⇒リョウシンJV錠の詳細を公式サイトで確認してみる>>

リョウシンJV錠の口コミからわかること

リョウシンJV錠の良い声 リョウシンJV錠の悪い声
長距離の散歩が出来るようになった 効果が無かった
1日1回いつでも服用可能 1日の量が少ない気がする
錠剤が飲みやすい 通販サイトやドラッグストアで買えない
起床時の腰の痛みに効果があった 定番のグルコサミンやコンドロイチンが入っていない
階段の昇降時、膝の痛みが出なくなった 販売会社が製薬会社ではない
腰痛に効いて、寝返りが楽になった 副作用が心配
立ち仕事が楽になった
3か月目で腱鞘炎が和らいだ
痛みによるイライラが無くなった

 

  • Amazonほどの大手通販サイトや、ドラッグストアなどでも一切取り扱っていません。リョウシンJV錠は流通から管理まで責任を持つため、自社の公式サイトのみの販売となっています。
  • 第3類医薬品という事は、成分をすべて表示してあります。そして、通販でも販売できるのは、重篤な副作用の心配が無いからです。
  • リョウシンJV錠は、体に負担がかからない成分で作られています。ゆっくり、じっくりと痛みを和らげるので、即効性はありません。1か月飲み続けても変化が無い場合は、販売会社または、医師にご相談ください。
  • 他社の薬は1日3回の服用が多く、つい忘れがちになるのが継続し難い理由でした。そこでリョウシンJV錠は毎日続けられるように、1日1回2~3錠を食事や時間帯に関係なく、ご自身のタイミングで服用できるように作りました。
  • 栄養やビタミンの補給にも適しているので、妊娠中や授乳中のお母さんでも服用できます。他にも、肉体疲労時や病後の体力回復にも効果が有ります。
  • 錠剤が苦手な人にも、糖衣錠にすることで飲みやすくなっています。また見た目が鮮やかな黄色ですが、これは成分の一つであるビタミンB2の色です。ご年配の方には、落とした時に見つけやすいと好評の黄色です。

>>リョウシンJV錠を1ヶ月1900円でお試しするならこちら<<

 

リョウシンJV錠の配合成分から期待できる効果

神経痛、関節痛に悩んでいる人は約1,800万人、そのうち65歳以上では3人に1人が膝の痛みに悩んでいます。痛みの主な原因は「関節の老化」と「筋肉の硬直」です。
 

リョウシンJV錠はこの二つの原因に直接作用し、辛い痛みを緩和する「6つの有効成分」を配合しました。
 

痛みを緩和する成分

シアノコバラミン

ビタミンB12のことです。腰痛や肩こりの原因には、血行不良や末梢神経の損傷が原因となる場合があります。
 

シアノコバラミンは痛みの原因となる、骨と骨の間で圧迫された神経や、筋肉の硬直で圧迫された神経を正常に回復し、活発にしてくれます。
 

そんな重要な働きをする成分なので、承認基準の最大量1,500マイクログラム配合しています。
 
 

ピリドキシン塩酸塩

ビタミンB6のことです。口内炎や湿疹、貧血や手足のしびれなどを改善します。また、神経機能を正常に保ち、精神安定にも効果があります。これも承認基準の最大量100㎎を配合しています。
 

ガンマ-オリザノール

コメ胚芽や米ぬかに含まれるポリフェノールの一種です。血行をよくして、コレステロールを低減させる効果があります。自律神経失調症の医薬品に使用されています。
 

最近では、抗炎症作用、抗アレルギー作用、筋肉疲労防止作用などにも効能があるとわかってきました。こちらも承認基準の最大量10㎎を配合しています。
 

栄養を補給する成分

フルスルチアミン塩酸塩

ビタミンB1のことです。筋肉や神経など身体中を巡って疲れにくい身体づくりをサポートします。ところが、従来のビタミンB1は「吸収されにくく、壊れやすい」という欠点がありました。
 

しかしこのフルスルチアミン塩酸塩は「吸収されやすく、壊れにくい」という優れものなのです。重要な成分なので、もちろん承認基準の最大量109.16㎎(フルスルチアミンとしての最大値は100㎎)を配合しています。
 

パントテン酸カルシウム

ビタミンB5のことです。色々な食材に含まれる成分なので、通常なら不足することはありませ。ただ妊娠中や授乳時などに不足した場合、栄養補給として用いることがあります。
 

血流を促進する成分

トコフェロールコハク酸エステルカルシウム

ビタミンE製剤のことです。末梢血行を促す効果があり、循環系の状態を改善するのに用いられます。
 

ビタミン類で血行を良くすることで筋肉をほぐし、神経の圧迫を解くことで痛みを和らげます。リョウシンJV錠の成分は身体に優しいので、11歳から服用できます。(1日1~2錠)
 

まとめ

富山常備薬グループはテレビコマーシャルでもお馴染みです。一番目にするのが「キミエホワイト」かもしれません。
 

洗練されたコマーシャルが多い日本では、この朴訥なコマーシャルは今ひとつ好印象を持たれていないようですが、問題はどういう商品かということ。
 

この会社は真摯にお客様の声を聴いて商品に取り入れ、今尚進化している状態ではないでしょうか。テレビコマーシャルの不評に反して、リョウシンJV錠の口コミ評判はどんどん良くなっています。
  
>>リョウシンJV錠を1ヶ月1900円でお試しするならこちら<<

 

 

関節痛に効く薬サプリメント