ノイビタコンドロ錠

ノイビタコンドロ錠は第一三共ヘルスケアの商品です。三共胃腸薬や風邪薬のルル、ガスター10などCMでお馴染みの会社ですね。
 

会社名の「ヘルスケア」は、ただ長生きするのではなく、普段から健康に気を配り、病気を未然に防いでほしい、という考えから名付けられています。
 

その理念でつくられたノイビタコンドロ錠は、関節痛・腰痛・神経痛の痛みを取り去ることに標準を合わせています。どれくらい痛みが取れるのか、口コミから検証してみましょう。
 

ノイビタコンドロ錠の悪い口コミと良い口コミ

ノイビタコンドロ錠の悪い口コミ

batu
  • 購入して半分くらいを飲んでいますが、飲み始めてからずっと便が緩くなった気がします。
  • 食べ合わせもあるのかもしれませんが、服用後少し胃に違和感があります。
  • 一瓶飲みましたが、私の腰痛には効かなかったようです。
  • 2週間目にヒドイ下痢になり、怖くなって飲むのを止めました。
  • 予想以上に痛みに良く効いたので、クセになったりしないのでしょうか 。

ノイビタコンドロ錠の良い口コミ

maru
  • 関節痛にはサプリより医薬品だと思い購入しました。2~3日で痛みが軽くなったのを実感、しばらく続けていきたいと思います。
  • 1日2回、朝夕だけ飲めば良いので、飲み忘れの心配が少なくていいですね。錠剤もフルコーティングされているので飲みやすかったです。
  • ヘルニアで腰痛と神経痛がありますが、これを飲むと痛みが和らぐ感じがします。
  • ドラッグストアで買った時は高いなと思ったのですが、楽天での購入はかなりお得に買えたので、これなら続けられると思いました。
  • 近所の方から痛みに直接効くと勧められ、飲んでみました。飲み始めて1ヵ月、本当に痛みが和らぎ、言葉の意味になるほどと実感しました。
  • 神経痛があり飲み始めたのですが、すぐに眼精疲労に効果が現れました。目を酷使する毎日ですので、嬉しい効果です。次は神経痛に効くよう期待して飲み続けます。
  • 膝の痛みを、歳だからしょうがないとあきらめていました。主人にすすめられ、仕方なく飲み始めたのですが、今では日常生活で膝の痛みが気にならなくなりました。痛みの無い日常に感謝しています。

ノイビタコンドロ錠の口コミからわかること

ノイビタコンドロ錠の良い声 ノイビタコンドロ錠の悪い声
2~3日で痛みが軽くなった 便が緩くなった
1日2回の服用は飲み忘れが少ない 胃に違和感がある
フルコーティングされているので飲みやすい 一瓶飲んで効果無し
ヘルニアによる痛みに効果あり 2週間目に酷い下痢になった
ネット価格がお得 効果が高いのでクセになるのが心配
痛みの原因に直接効く
眼精疲労に効果あり
諦めていた膝の痛みが気にならなくなった

 

  • コンドロイチンを含む医薬品は、便が緩む副作用があります。ノイビタコンドロ錠の添付書には
     

    ・皮膚⇒発疹、発赤、かゆみ
    ・消化器⇒吐き気、嘔吐、口内炎、食欲不振
     

    と書かれています。これらの症状が持続したり、強くなるようであれば、服用を中止してかかり付けの医師や薬剤師、販売者にご相談下さい。

  • 第三医薬品ですので、深刻な副作用はありませんが、用量・用法は守るようにして下さい。中毒性ではないので、クセになる心配はありません。

ノイビタコンドロ錠の配合成分から期待できる効果

コンドロイチン効果

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

長い名前ですが、これが正式なコンドロイチンの呼び名です。特徴は「保水性」と「弾力性」です。軟骨にこのコンドロイチンの働きがあるからこそ、関節を守るクッション性が生まれるのです。
 

コンドロイチンは変形性関節症の改善に有効であると、数多くの臨床試験で科学的に確認されています。特に、コンドロイチン配合の医薬品は、厚生労働省によって効果・効能が認められています。
 

一番大切なのは、1日に撮る摂取量です。最低でも800㎎以上から1200㎎は必要となります。ノイビタコンドロ錠は、1日の摂取量(6錠)が900㎎となっていて十分な効果が得られる量です。
 
 

ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体)

1962年に日本の科学者が発明したものです。もちろん安全性も確認されています。
 

ベンフォチアミンの優れているところは、他のビタミンB1は吸収率が悪いのに対し、体内での吸収がとてもいいところです。
 

また、体内に留まる時間も長く、有用度は従来のビタミンB1サプリメントの5倍もあります。神経組織や筋肉にエネルギーを供給して、疲労を回復させます。
 

ピリドキシン塩酸(ビタミンB6)

神経伝達や神経維持機能の働きを助けます。また、皮膚や粘膜の強化、免疫力を向上させることがわかってきました。
 

シアノコバラミン(ビタミンB12)

赤血球を生成する時に働くため、「造血のビタミン」とも呼ばれます。また、脂質の合成や修復をする働きがあり、傷ついた抹消神経の回復も早めます。手足のしびれの改善に効果があります。
 

コハク酸d-α‐トコフェロール(天然型ビタミンE)

血液循環を良くします。結果、老廃物の排泄を促がしたり、栄養を送り出しやすくなります。
 

注意したいのは、同じビタミンEでも合成と天然ではその働きがまったく違うということ。ノイビタコンドロ錠は「天然型」となっています。
 

これは、天然のビタミンEの働きを安定化させたものという意味です。使用しても安全なものです。
 

まとめ

映画ターミネーターで、シュワルツェネッガーのセリフに『痛みは取り除ける。意識から切り離せば』と呟やいています。でもそんな事は、普通の人間には至難の業です。
 

第一三共のノイビタコンドロ錠は、痛みを無くしたい人のための医薬品です。痛みを我慢しながら長生きはしたくないですよね。痛みの無い日常を送れるよう、医薬品を上手に活用してみてはいかがですか。