コンドロイチンA

 
コンドロイチンは、関節痛の予防や改善に有効だということは、よく知られています。
 

ところが多くのサプリメントには、「コンドロイチン配合」と書かれていても、実際にはほんの少ししか含まれていないことがよくあります。
 

関節痛の改善には1000㎎以上を摂取しないと効果が出にくいのに、その数値を下回る商品が多いのが実情です。
 

その点「サンヘルスのコンドロイチンA」は、1560㎎もコンドロイチンが入っているので、多くの方に支持されています。
 

関節痛に効く薬サプリメント

 

コンドロイチンAの悪い口コミと良い口コミ

コンドロイチンAの悪い口コミ

batu
  • コンドロイチンの含有量は申し分ないのですが、もう少し安くなればと思います。
  • コンドロイチンが1560㎎もとれると、喜んでいたのですが、9粒飲まないとこの量は摂れないとのこと。9粒飲むのは大変です。錠剤の数を減らして欲しいです。
  • 栄養食品は医薬品ほど効果が無いと聞いて以来、何だか痛みがおさまらない気がします。
  • 神経痛にはコンドロイチン!と言われて飲み始めましたが、変化はありませんでした。
  • 膝の痛みが治ればと思い3か月続けてみましたが、特に改善の様子は見られませんでした。

コンドロイチンAの良い口コミ

maru
  • ひざの痛みが強くなってから、大好きなウォーキングをあきらめていました。コンドロイチンがしっかり摂れるので痛みが和らぎ、短時間ですがウォーキングを再開しました。
  • 長く座っているのがつらくなってきた時、囲碁仲間にすすめられました。長時間の対局もこれを飲んでいれば安心できます。
  • 日常生活で立ったり、座ったりという何気ない動作が億劫になってきました。コンドロイチンを飲み始めてから、痛みを忘れるほど普通に動けるようになりました。
  • 私は甲殻類アレルギーがあるのですが、こちらのコンドロイチンはアレルギーの心配がなく、安心して飲むことができるのでありがたいです。
  • 40代後半で特に関節痛にはなっていないのですが、50歳を過ぎると急に膝や腰に不調が来ると聞いて、予防的に飲み始めました。大好きな社交ダンスを80歳まで続けたいからです。
  • 医薬品ではなく補助食品なので安心して毎日飲めます。

コンドロイチンAの口コミからわかること

コンドロイチンAの良い声 コンドロイチンAの悪い声
膝の痛みがとれてウォーキングができるようになった 値段が高い
長時間座れるようになった 1日の錠剤の摂取量が多い
立ち座りが普通にできるようになった 医薬品ほど効果が無い気がする
甲殻類アレルギーがあっても飲めるので嬉しい 神経痛に変化は無かった
予防目的に飲める 3ヵ月飲んでも改善は見られなかった
栄養補助食品なので安心して毎日飲める

 

  • 現在は、関節痛に関して、医薬品も栄養補助食品(サプリメント)も中身にほとんど差が無く、効果は変わりないと言われています。
     

    それどころか、同じ効果で副作用が無い栄養補助食品の方が良いのではという意見もあります。

  • 普通グルコサミンは、カニやエビなどの甲殻から抽出しているものが多いのですが、それだと甲殻アレルギーの人は飲むことが出来ません。
     

    そこでサンヘルスのコンドロイチンAでは、植物から摂取したものを使用しています。

コンドロイチンAの配合成分から期待できる効果

コンドロイチン効果

コンドロイチン

豚軟骨から抽出された自然由来のもので、1日の摂取量9粒を飲むと1560㎎のコンドロイチンを摂取することができます。
 

コンドロイチンは体内で作られる成分で、骨や軟骨、皮膚、各臓器などに保水性や弾力性を与える働きがあります。そのお陰で軟骨に弾力が生まれ、関節を摩擦や衝撃から守ることが出来るのです。
 

ところが、年齢と共にコンドロイチンの生産が減少するため、軟骨は弾力を失い、どんどんすり減ってしまうのです。これが関節痛の原因となります。
 

そこで、外から足りなくなったコンドロイチンを摂取して補う必要が出てきます。
 

1日に必要な摂取量は、予防目的なら800㎎程度、治療目的なら1000㎎から1200㎎は摂取したいところです。痛みが強い人は1500㎎が理想です。
 

コンドロイチンAは十分にその量を補えるので安心できます。

グルコサミン

関節痛に効果がある成分として、コンドロイチンの他に「グルコサミン」が有名です。サンヘルスの「コンドロイチンA」には、グルコサミンも9粒中135㎎がしっかりと含まれています。
 

関節痛を改善するのに必要なグルコサミンの1日の摂取量は、1000㎎から1500㎎と言われていますので、こちらも十分な含有量となります。
 

また、グルコサミンは摂り過ぎると消化不良を起こすことがあるので、まさに適量ですね。
 

グルコサミンの働きは関節軟骨を強化し、損傷の回復や老化防止の働きをします。骨を作り出す細胞を活性化させるのも、グルコサミンの役割です。
 

グルコサミンも、元々体内で作られている成分ですが、コンドロイチン同様、年齢と共に生産量が減っていきます。
 

グルコサミンは、甲殻類、貝類、きのこ類などに含まれていますが、残念ながらそのまま食べても分子が大き過ぎて、体内に入ってもほとんどが吸収されません。
 

そこで塩酸で小さく分解して、血液や細胞に吸収されやすい形にしたサプリメントが活用されるようになったのです。
 
 
細胞組織の潤滑油であるコンドロイチンは、関節軟骨に保水性と弾力性を与えます。
 

グルコサミンは軟骨を再生させ、軟骨に強さとしなやかさを与える働きをします。この二つが揃った「コンドロイチンA」は、関節痛のサプリメントとして最強ですね。

まとめ

サプリメントには『あれもこれも、何十種類も体に良さそうなものがたくさん入っているんだよ~』と言わんばかりの商品が目につきます。
 

でもそれが身体に及ぼすほどの量でなかったら、何の意味もありません。特に関節痛など痛みを改善したいのなら尚さらです。
 

サンヘルスのコンドロイチンAは関節痛に必要な2大成分を、効果がきちんと出る必要摂取量入れました。
 

これまでコンドロイチンもグルコサミンも効果が無かったという人も、ぜひもう一度試してみてはいかがでしょうか。
 

関節痛に効く薬サプリメント