2017-09-01_075155

 
会社名が「えがお」で会社の理念が「感謝」。そんなアットホームな会社がつくっているのが「グルコサミン楽楽」です。
 

テレビでも「えがおの黒酢」や「えがおの青汁」などの宣伝で認知度も高まっています。
 

えがおが追及しているのは、厳選した天然成分、安全性、日々の研究、消費者に届くまでの徹底管理、そしてアフターケアも欠かしません。
 

そんなグルコサミン楽々は、夫婦や親子など家族で飲むことが多いようです。パッケージの文字も大きめに表示されて、細かな心遣いが伝わってきます。
 

手を抜かないえがおの「グルコサミン楽楽」はグルコサミンの他、4つの有効成分でしっかり関節を守ってくれます。
 

関節痛に効く薬サプリメント

 

えがおのグルコサミン楽楽の悪い口コミと良い口コミ

えがおのグルコサミン楽楽の悪い口コミ

batu
  • 1ヵ月経ちますが効果はありません。この手の商品はたくさんありますので、他のグルコサミンも試してみようかなと考えています。
  • 夫婦で飲むために購入しましたが、私は8粒飲むのが苦痛になり、どうせ残りは主人が飲むからと考え途中で飲まなくなりました。
  • 続けて飲むには少し価格が高いですね。定期購入の割引率をもう少し高めてもらえたら、続けやすいのですが。
  • 初回プレゼントの携帯ケースに入れて旅行に持って行ったところ、中身が湿気っていました。それに便利だと思っていたのですが、使いづらくて、100均で買ったケースの方が使いやすいです。
  • 健康食品としては少しお高めです。実店舗で販売してもらえたら、購入しやすくなるのですが。お試し商品がないのも残念です。

えがおのグルコサミン楽楽の良い口コミ

maru
  • 整骨院でも良くならなかった膝や腰の痛みが、グルコサミン楽々を飲み始めて痛みが無くなってきました。軟骨成分のありがたさが身に染みてわかりました。
  • 膝を痛めてからは、家の中でゴロゴロすることが多くなりました。息子がグルコサミンを勧めてきたので試しに飲んでみると、日に日に歩いても膝への負担がかからなくなり、活動的な生活になってきました。今では愛犬の散歩も私の役目になり、嫁も喜んでいます。
  • 膝の痛みを抱えているので、階段が大の苦手でした。これも年齢のせいだとあきらめていたのですが、グルコサミン楽々を飲み始めて1ヵ月。関節が柔らかくなってきたようで、階段を使うのが苦痛ではなくなってきました。これからも続けていこうと思います。
  • 夫婦共に70歳を超えていますが、2人で山へ登ったりしてまだまだ元気です。この生活が長く続きますようにと、毎日夫婦でえがおのグルコサミンを飲んでいます。
  • テレビのCMを見て購入。まだ1週間目で劇的な変化はありませんが、膝が軽くなったというか、商品名の通り、膝が楽になったという実感はあります。
  • 私の膝痛は寒くなってきた時だけ起こるので、飲むのは冬場だけにしています。

えがおのグルコサミン楽楽の口コミからわかること

えがおのグルコサミン楽楽の良い声 えがおのグルコサミン楽楽の悪い声
整骨院で治らなかった痛みが無くなってきた 1ヵ月飲んでも効果なし
活動的な生活が送れるようになった 1日の摂取量(8粒)が多すぎる
1ヵ月で関節が柔らかくなった 価格が高い
いつまでも元気でいられるために飲んでいる 初回プレゼントの携帯ケースが使いづらい。
1週間で膝が軽くなった 実店舗でも販売して欲しい。
痛みが出る冬場だけ飲んでいる お試し商品が無い

価格

通常価格 1袋(1ヵ月分、248粒入り) 3,800円(税抜)

定期購入
  • 1ヵ月に1回1袋 3,268円(税抜・14%OFF)
  • 2ヵ月に1回2袋 3,192円(税抜・16%OFF)
  • 3ヵ月に1回3袋 3,116円(税抜・18%OFF)

※近年配達業界は配達の量が多すぎて大変なようなので、一番割引率が高く、配達回数が少ない3ヵ月に1回配達がおすすめです。

えがおのグルコサミン楽楽の配合成分から期待できる効果

グルコサミン

正座ができない、膝が痛む、歩く時に違和感がある、これらはすべて膝の軟骨がすり減って起こる現象です。
 

軟骨がすり減るのは、加齢と共にグルコサミンが不足するからです。骨の先端にある軟骨は、クッションの役割として必要な、弾力性と保水性を併せ持ちます。
 

その成分がグルコサミンなのです。関節痛を起こしている人は、毎日1,500㎎のグルコサミンを必要とします。
 

「グルコサミン楽々」は新鮮なアラスカ産ズワイガニ(スノーグラブ)からグルコサミンを抽出。
 

1日の目安量8粒を飲むと、1,520㎎が摂取できます。体重が軽い人(54kg以下)は、1,000㎎を目安にしてもいいでしょう。
 

コンドロイチン

気仙沼産のフカヒレを原材料とした、オーシャンコンドロイチンです。グルコサミンと同様に軟骨のクッション性に欠かせない成分ですが、他にも骨の成長や軟骨を再生する働きを助けてくれます。
 

グルコサミンとコンドロイチンは同時に摂取することで、高い相乗効果が得られます。

ヒアルロン酸

保水力が高いヒアルロン酸は、1gで6リットルの水分を保持することができます。関節液や軟骨に多く含まれていて、摩擦を防ぎ潤滑作用の働きを促がしています。
 

この他、老廃物の除去や細菌感染から、身体を守る働きもあります。ヒアルロン酸は様々な臓器や、眼精疲労の回復に消費されるので、常に不足しがちになります。
 

健康維持にもヒアルロン酸は積極的に取り入れた方が良いようです。

MSM有機イオウ配合(メチルスルフォニルメタン)

有機イオウを含んでいるMSMはすでにサプリメント大国のアメリカでは広く利用されているポピュラーな成分です。
 

抗鎮痛、抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、最近は日本でも関節痛や関節炎に利用されるようになってきました。
 

硫黄は人体では軟骨や筋肉、爪、頭髪などあらゆるところに存在していて、ミネラルの中でも大きな割合を占めています。

貝カルシウム

カルシウムに良質のものと、そうでないものがあります。小魚、海藻、野菜、大豆などから取れるカルシウムを「非活性カルシウム」と言い、あまり期待できないカルシウムです。
 

「貝カルシウム」と呼ばれるもが良質なカルシウムとなります。地下から採掘した貝の化石を3年~5年かけて風化させて粉砕したもので、体内での吸収に優れた高純度のカルシウムとなります。
 

貝カルシウムは骨の形成だけではなく、細胞の増殖、筋肉活動のコントロール、神経の調節など幅広い働きがあります。
 

軟骨に良い成分をたくさん集めてバランスよく配合した、という感じですね。お互いがそれぞれの働きをサポートする形なので、相乗効果がとても大きくなっています。
 

錠剤を8粒飲むのが辛いと感じる人は無理をせずに、飲める量を毎日続けてみて下さい。必ず効果が現れます。

まとめ

「えがおのグルコサミン楽楽」は2017年に、モンドセレクション金賞を受賞しました。原料や衛生面、パッケージの記載成分が正確かなどを総合評価する国際的高品質を保証する賞です。
 

えがおでは、パッケージに入れる前に機械の他に「目視」でも安全確認をして商品化しています。人件費がかさむことは大企業はやりたがらないものですが、えがおはその手間を惜しみません。
 

『大切な家族に飲んで貰いたい』そんな思いでつくられた「グルコサミン楽々」で、膝の痛みを楽にしてみませんか。毎日が痛みの無い楽しい日々でありますように。
 

関節痛に効く薬サプリメント