nikubanare3

 
正座どころか足を曲げる事すら、苦痛になってしまうオスグッド。初めのうちは運動をしている時だけ痛みを感じていたはずが、気がつけば日常生活にも支障をきたしてしまうまでに・・・。
 

オスグッドは太ももの筋肉が使い過ぎなどによって硬くなってしまうことから起こってしまいます。ただの成長痛と言われることもありますが、放っておくと膝下の骨が変形してしまうこともあるのです。
 

ですので、早期発見と早期の治療が大切になってくる怪我なのです。とは言っても、病院に行って診察してもらったけど、「しばらく運動をしないで安静にしてください。」と言われた人もたくさんいらっしゃると思います。
 

でも、しばらくってどのくらいなのでしょうか?また完治するまで復帰は出来ないのでしょうか?今回は、オスグッドを治すのにどのくらいの期間が必要なのかをお話していきたいと思います。
 

関節痛に効く薬サプリメント

 

オスグッドはどのくらいで完治する?

オスグッドに限らず怪我や病気の完治までにかかる期間は、もちろん個人差があります。オスグッドは一般的にスポーツ復帰までには1~2か月、完治までには3~6か月と言われています。
 

先ほども少しお話ししましたが、オスグッドは早期発見、治療が非常に大切な怪我です。痛みを感じてすぐに対処していれば、スポーツ復帰までにそれほど時間はかかりません。
 

早ければ1週間で復帰できたという患者さんもいらっしゃいます。しかし、痛みを感じでも「これくらいなら我慢できる」と無理をしてしまうと、復帰までに3か月以上かかってしまうこともあるのです。
 

さらに復帰をしてもまだ完治したわけではないので、すぐに足に負担をかけるような練習などで無理をしてしまうと、再発してしまう恐れもあります。
 

復帰をする時は無理をせず、サポーターなどで膝を保護しながら行いましょう。また万が一、膝に痛みを感じるようであればすぐに安静にするようにしましょう。

オスグッドを少しでも早く治すためにできる事!

オスグッドになってしまったら、出来れば早く治して早く復帰したいですよね。でも焦りは禁物です。オスグッドはまず身体を休めることが、重要になってきます。
 

焦って、痛みがあるのに運動してしまっては、完治までに時間がかかってしまい何度も再発してしまいかねません。
 

そして筋肉や太もも、腰、お尻まわりの筋肉を緩めることも効果的です。痛みを感じない程度のマッサージやストレッチを毎日行って、固まってしまった筋肉をほぐしていきましょう。
 

さらに太ももまわりを温める(冷やし過ぎない)ことも効果が期待できます。特に冬場などは寒さによって筋肉が収縮しがちです。
 

お風呂にゆったり浸かるなどして、血行を良くすることで筋肉の収縮も改善も期待できますよ。

病院選びも大切!オスグッドに良い病院とは?

膝の痛みを感じたら、まずは病院に行ってみましょう。その膝の痛みは本当にオスグッドなのか、はたまた違う怪我なのかを診断してもらう必要があります。
 

オスグッドと診断されても、病院によっては湿布と痛み止めの飲み薬のみを処方して、あとは安静にしてください、と言われるだけのところもあります。
 

症状が軽い場合などはそれでも大丈夫かもしれませんが、ほとんどの場合、それだけでは早期の復帰や完治はあまり期待できません。
 

やはり電気治療やマッサージをしっかり行ってくれるところが良いでしょう。そうすることで筋肉がほぐれ、膝への負担が軽くなります。
 

ただし、マッサージも強すぎると余計に筋肉が硬くなってしまうので、反対に悪化してしまうこともあります。
 

今はインターネットなどで、オスグッドに強い病院も簡単に探すことができるので、お住いの近くで探してみると良いでしょう。

おわりに

オスグッドは安静にしていることと、正しい治療をすることで早期の復帰と完治が期待できます。
 

子どもの場合、部活やクラブチームなどで運動をしていることが多いので、ライバルが多くどうしても焦ってしまいますが、焦らずに休むようにしましょう。
 

そして正しい治療をしてくれる病院を見つけることで、より早く治すことができます。早ければ1~2週間で復帰できたという例もありますので、焦らずにオスグッドに向き合いましょう。
 

関節痛に効く薬サプリメント